【夏の楽しみ!】サマージャンボ宝くじが7月13日より発売へ!

ロトの役立つ情報

こんにちは!ミキです。

今年も宝くじが楽しみな季節がやってきました。

  • 1等前後賞あわせて7億円の「サマージャンボ宝くじ」
  • 1等前後賞あわせて5,000万円の「サマージャンボミニ」

以上の2つの宝くじの発売が迫っているのです。

今年こそは一攫千金を狙って購入しようとしている方も多いはずです。

 

今回は、その「サマージャンボ宝くじ」と「サマージャンボミニ」の概要について徹底解説します。

宝くじファンの方は必見です!

2021年サマージャンボ宝くじの概要とは?

まずは今年のサマージャンボ宝くじの内容について詳しくお伝えします。

  • 当選金はどうなっているのでしょうか?
  • 当選本数はどの程度なのでしょうか?

購入する前に、まずはどんな宝くじなのかを把握することから始めましょう。

当選金はどうなっている?

サマージャンボ宝くじは、1等賞金が5億円になります。

さらに前後賞が各1億円なので、合わせると計7億円になる計算です。

宝くじの中でも極めて賞金が高い宝くじなので、実際に多くの方が毎年チャレンジしています。

 

一方のサマージャンボミニですが、1等賞金は3,000万円になります。

1等前後賞は各1,000万円であり、1等前後賞を合わせると5,000万円になります。

サマージャンボ宝くじと比較すると、賞金が低く感じるかもしれませんが、その代わり当選確率は高めに設定されています。

1万円以上の当選本数が桁違い!

今年のサマージャンボ宝くじとサマージャンボミニの力の入れ具合は、例年と異なります。

なんと1万円以上の当選本数は合わせると、50万本以上に設定されているのです!

それだけチャンスが有るのであれば、高額賞金をゲットできる可能性もゼロではないでしょう。

 

買いたくなってきたのではありませんか?

以下、それぞれのクジの1万円以上の等級と本数をご紹介します。

まずはサマージャンボ宝くじです。

等級 当選金 本数
1 5億円 23
1等前後賞 1億円 46
1等組違い賞 10万円 2,277
2 1,000万円 46
3 100万円 230
4 5万円 2,300
5 1万円 23万本

次にサマージャンボミニです。

等級 当選金 本数
1 3,000万円 28
1等前後賞 1,000万円 56
2 5万円 21,000
3 1万円 28万本

ちょっと待って!宝くじの還元率は低いって知ってた?

今年のサマージャンボ宝くじとサマージャンボミニは713日から発売されます。

高額当選のチャンスもあるので購入を検討していませんか?

 

でもちょっと待ってください!

 

実は宝くじって還元率が極めて悪いんです。

宝くじの還元率は46であり、購入金額の半分以上を胴元に渡すだけ、となります。

競馬や競輪は70%から80%、パチンコ・パチスロに至っては90%弱です。

いかに宝くじが効率の悪いギャンブルであるかが分かるでしょう。

還元率は低いけど数字選択式クジなら予想が当たれば100%当選金がもらえる!

確かに宝くじは還元率が低いのですが、数字選択式は少し趣が異なります。

自分で数字を選べるので、予想が当たっていれば当選金を確実にゲットできるわけです。

つまり還元率はほとんど関係ないんですね。

 

そこで私がおすすめしているのが、ロト・ナンバーズなんです。

1等の当選金は、ロト6だと理論値で3億円、ロト7であれば6億円です。

サマージャンボに負けていませんよね。

ただ1等、2等となると、ロト・ナンバーズも当選は難しいことに…。

 

そこで活用してほしいのが、ロト予想サイトです。

業界の裏情報に通じる予想家がおり、高確率で当選番号を当てているのです。

中には毎週1,000万円を超える当選報告があるサイトも!

 

私がおすすめしているのがフェニックスです。

ギャンブルとしてではなく、投資のための情報を提供しています。

2021年の6月も数多く当選情報を発信しており、625日のロト7では2等の1,2027,500円が的中しています!

あなたもフェニックスで高額当選を狙ってみてください。

コメント