ロト詐欺師はあなたのそばに((+_+))

ロトの怖い詐欺

ロトは数字を選んで買うだけで誰にでも高額当選のチャンスが舞い込んでくる人気クジ。毎週月曜日から金曜日に抽選が行われて、次こそは自分がと思う人が多いでしょう。

 

またクジ券も簡単にネットでも購入できますし、宝くじ売り場が商店街やスーパー横など人の往来が多い場所にあって少額で気軽に買えるのが人気の理由でもありますね。

私みたいに買い物帰りの主婦が趣味の一環として毎回の抽選を楽しんでいるというケースも多いみたいです。もし当たったら、これを買おうとか旅行もいいな…とかやりたいことがたくさんあって夢はどんどん膨らみます☆

 

でも!そんな気持ちを利用して心のすき間をついてくるロト詐欺師がいるんです。自分は大丈夫と思うでしょうけど、被害に遭った人の多くは「まさか自分が引っかかるなんて」と語っています。ロト詐欺はだんだん手口が進化し巧妙になっているので油断しているととっても危険なんですよ。


そこで今回はロト詐欺師はどんな風に騙してるのか検証していきたいと思うので、ぜひご覧ください。


検証結果!ロト詐欺師はこうしてだましてる。

 

ニュースで頻繁に詐欺被害を耳にし、ワイドショーでも特集が盛り込まれるくらい問題視されていますので詐欺自体については知らない人がほとんどいません。それにもかかわらず、いまだに被害が増加し続けその被害金額は莫大なものになっています。


ロトの詐欺も例外ではなく被害金額が増加しています。その理由として詐欺師は人の心理をつくのが上手くて言葉巧みに、ロト購入者の「当選したい」という思いを利用して「次こそは」という気持ちに付け込み何度もお金を巻き上げているんです。


さてどんな被害が出ているか見ていきましょう。


1つ目は時間差を利用した詐欺です。

ロトの抽選は月曜日から金曜日まで行われ、その模様はインターネットで生中継されています。ロト詐欺はその中継を見た直後に電話をして、あたかも事前に当選番号がわかるかのように振る舞い「翌日の朝刊で確認して」と言います。生中継を知らない人は翌朝の新聞に載ってる当選番号を見て信用してしまい高額な情報料を支払ってしまうという流れなんです。。。


次は、宝くじの関係者を装う詐欺です。

ロト詐欺師は宝くじ売り場で待ち伏せてターゲットをきめます。そして宝くじ関係者、もしくは有名銀行員を名乗り「当選番号がわかる」などと必ず当選する情報が手に入るかのように思わせ、ウソの番号を教えてお金をだまし取るという事例です。


3つ目は、電話やメールでのお祝い詐欺です。

突然「おめでとうございます」と電話やダイレクトメールが届き「当選番号を教えてもらえる人に選ばれた」などと多数の中から自分が選ばれ貴重な情報がもらえると思わせ、高額を払わせるという手口です。


今回書いたのは少例ですけど、参考にして少しでも被害者が減ってほしいです。今現在、似たようなことがある人は一人で悩まず誰かに相談した方がいいですよ。


ロトの抽選は公正でなおかつ厳正に行われ、当然当選番号は誰にも抽選前にわかることはありません。たとえみずほの銀行員や宝くじ関係者などどんな立場であっても知り得ることはできないものです。


なので「事前に当選番号がわかる」、「絶対に100%当選できる」なんてことはありえないし、そんな言葉を耳にしたらロト詐欺だと思った方がいいです。みずほ銀行もロト詐欺についての注意をホームページ上で呼びかけていますから、見てみるといいと思います。

 

以上のことなどを踏まえて詐欺に遭わないのが一番ですし、逢ってしまったらみずほ銀行や宝くじ公式サイトなどに相談してみましょう。

 

ただ残念ながら、だまされた被害金額は基本的に戻ってこず泣き寝入りするしかありません。。。

悲しいですけど詐欺師たちはさっと逃げてしまいます。だからこそだまされないようにしっかりと手口を知っておくべきですし、万が一詐欺に遭ってしまったら詐欺師から取り返そうなどと無駄な時間を費やすよりも、優良なロト情報サイトを使って高額当選を得ることで損した分を埋め合わせて行くのがいいと思います。

 

もし、ロトで稼ぎたいんでしたら、今なら
高額当選を出している億万ロトがオススメです☆


会員1人1人の話をしっかり聞いてくれますので安心ですし、ぜひ使ってみてくださいね(^^♪








 

コメント